読書作家別・あ〜

「読書作家別・あ〜」の有益情報をお届け!

読書と動画の日々@あきログ

テレビウォッチャーあきがテレビ番組の感想や読書の日々を徒然なるままに書き綴る

2009年09月12日

鬼平犯科帳 池波正太郎

斬り捨て御免の権限を持つ幕府の火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵。
盗賊たちには“鬼の平蔵”と恐れられている。しかし、その素顔は義理も人情も心得た苦労人である。
彼を主人公に、さまざまな浮世の出来事を描き出し、新感覚の時代小説として評判高く、テレビに舞台に人気の集まる鬼平シリーズ


いままで、時代小説 というと「宮部みゆき」作の軽めの短編集くらいしか読んだ事なかった。
けどついに読んだ。

きっかけは、ネット上で
「美味しそうな料理がたくさん登場する」
と紹介されていたから。

続きはココ


タグ:池波正太郎
posted at 21:23
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:鬼平犯科帳 池波正太郎
2009年09月11日

チルドレン 伊坂幸太郎

まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第一作。

【目次】
バンク/チルドレン/レトリーバー/チルドレン2/イン


今回は主人公?の一人、盲目の青年のキャラが鼻についてしまった。性格も外見も一昔前の少女漫画にでてきそう。

ストーリーは微妙にひねりが利いていて、いつものごとく安心して読めた。

続きはココ
タグ:伊坂幸太郎
posted at 16:50
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:チルドレン 伊坂幸太郎
2009年09月03日

晩夏に捧ぐ 大崎梢

以前成風堂にいた元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされている、ついては名探偵のアルバイト店員を連れて助けに来い、というのだ。
杏子は気が進まぬながら、多絵を伴って信州の高原へと赴く。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…!
「本の雑誌」二〇〇六年上半期ベストテンの堂々第二位に輝いた「配達あかずきん」で今もっとも注目を集める著者、初の長編推理小説。


数ヶ月前に読んだ、書店を舞台にした短編ミステリ「配達あかずきん」の続編。

今回は長編らしい。

いまいちだった。

続きはココ
タグ:大崎梢
posted at 15:20
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:晩夏に捧ぐ 大崎梢
2009年08月28日

ダリの繭 有栖川有栖

幻想を愛し、奇行で知られたシュール、リアリズムの巨人―サルバドール・ダリ。宝飾デザインも手掛けた、この天才の心酔者で知られる宝石チェーン社長が神戸の別邸で殺された。現代の繭とも言うべきフロートカプセルの中で発見されたその死体は、彼のトレードマークであったダリ髭がない。そして他にも多くの不可解な点が…。事件解決に立ち上った推理作家・有栖川有栖と犯罪社会学者・火村英生が難解なダイイングメッセージに挑む。ミステリー界の旗手が綴る究極のパズラー




もっそり拍子抜け。

「ミステリ」というより「火曜サスペンス劇場」だった。

大金持ちが死んで、複雑な血縁の兄弟が絡んだり、恋愛が絡んだりの内容もだけど、ラストも拍子抜け。
67点
タグ:有栖川有栖
posted at 21:49
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:ダリの繭 有栖川有栖
2009年08月25日

図書館戦争 有川浩

──公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって、不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!

  


『メディア良化法』によりすべての本が検閲される中、本を守る為に武装した図書館部隊が対抗する。

主人公は、運動神経抜群で身長も性格も男勝りな女性「郁」。
まるで自衛隊のような図書館部隊に戦闘要因として入隊し、むかつく上司、嫌味な同僚等等に囲まれつつも、本を守る為に日々頑張る。


続きはココ
posted at 16:15
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:図書館戦争 有川浩
2009年08月22日

霧笛荘夜話 浅田次郎

運河のほとりの古アパート「霧笛荘」で暮らす7人の住人たち。誰もが初めは不幸に追い立てられ、行き場を失って「霧笛荘」に辿り着くが、それぞれに人生の真実に気付き始める…。切ない感動を呼ぶ7つの物語。

第一話 港の見える部屋
第二話 鏡のある部屋
第三話 朝日のあたる部屋
第四話 瑠璃色の部屋
第五話 花の咲く部屋
第六話 マドロスの部屋
第七話 ぬくもりの部屋



浅田さんの著作はいつも泣かせられる。
泣かせよう、という感じがベタベタすぎる気もするけど泣ける。

続きはココ
posted at 21:43
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:霧笛荘夜話 浅田次郎
2009年08月21日

びっくり館の殺人 綾辻行人

クリスマスの夜、「びっくり館」に招待された三知也たちは、〈リリカの部屋〉で発生した奇怪な密室殺人の第一発見者に!それから10年、事件の犯人は捕まらないままだというのだが……。新本格ムーブメントの先駆けとなった《館》シリーズ最新作。



児童書「ミステリーランド」の一冊。


ずっと読み続けている、綾辻さんの館シリーズ。

続きはココ
posted at 01:38
カテゴリー:読書作家別・あ〜
エントリー:びっくり館の殺人 綾辻行人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。