読書作家別・は〜

「読書作家別・は〜」の有益情報をお届け!

読書と動画の日々@あきログ

テレビウォッチャーあきがテレビ番組の感想や読書の日々を徒然なるままに書き綴る

2009年09月10日

同級生 東野圭吾

同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと事故の真相を暴くことだけだった。やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、彼女の絞殺体が発見されるや、一転俺は容疑者にされてしまう。




主人公が妙にかっこいい青春ミステリー。

続きはココ


タグ:東野圭吾
posted at 23:52
カテゴリー:読書作家別・は〜
エントリー:同級生 東野圭吾
2009年09月02日

仮面山荘殺人事件 東野圭吾

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。




久々に好きな「山荘ミステリ」。

さすがだな、と思わせられる展開とラスト。

一気に読めた、というか一気に読んでしまった。

「ラストにどんでん返し」系が好きな人なら楽しめるはず。
90点
タグ:東野圭吾
posted at 23:09
カテゴリー:読書作家別・は〜
エントリー:仮面山荘殺人事件 東野圭吾
2009年07月11日

最後から二番めの真実 氷川透

女子大のゼミ室から学生が消え、代わりに警備員の死体が。当の女子大生は屋上から逆さ吊りに。居合わせた氷川透はじめ目撃者は多数。建物出入り口はウ゛ィデオで、すべてのドアは開閉記録で見張られる万全の管理体制を、犯人と被害者はいかにかいくぐったか?奇抜な女子大生と氷川が究極の推理合戦でしのぎを削る。





多分この作家さんも初読み。そしてこの作品はシリーズ物の続編らしい。
これに限らずシリーズ物はちゃんと「〜シリーズ」とか書いててほしい。
まぁ、読んじゃったもんはしょうがないけどさ。

続きはココ
posted at 00:33
カテゴリー:読書作家別・は〜
エントリー:最後から二番めの真実 氷川透
2009年06月17日

片想い 東野圭吾

毎年恒例の帝都大アメフト部OB会、そこに姿を見せなかった元マネージャー美月は男の姿をしていた。彼女から、ある告白をされた哲朗は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが...。
十年という歳月は、かつての仲間、そして自分を変えてしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた長編ミステリー



私にとって東野圭吾さんは安心して読める作家の一人
図書館で借りたい本が無い時は(じゃ、とりあえず東野圭吾でもいっとくか)って感じで。
ただ、その読みやすすぎる文体のせいか心に引っ掛かる所が少なくあんまり記憶に残らないのも事実。


しかし今回は心に引っ掛かる人がいました。もう一人の主役ともいえるキャラ

続きはココ
posted at 00:00
カテゴリー:読書作家別・は〜
エントリー:片想い 東野圭吾
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。